スポンサードリンク

2007年05月15日

「フラット35S」申し込み開始

住宅ローンフラット35から、フラット35Sの申し込みが開始されます。



フラット35S」申し込み開始

ローン金利固定で金利上昇でも安心
 2007年4月に住宅金融公庫は、独立行政法人住宅金融支援機構に移行しました。その住宅金融支援機構がバックアップしている住宅ローンとして、人気も定着してきたのが「フラット35」。最長35年までの住宅ローン金利を、借り入れから返済の終了時まで、完全に固定できるという点が最大の特徴のローンです。

 フラット35が導入された当初は、物件価格の8割までが融資の限度額でしたが、2007年3月申し込み分からは、物件価格の9割までの借り入れが可能になっています(買取型の場合)。また、三菱東京UFJ銀行や千葉興業銀行で扱っている「保証型」のフラット35住宅ローンを組むする場合は、物件価格と同じ金額まで、つまり100%融資を受けることも可能です。

 いずれにしてもフラット35は、金利上昇が懸念されるときにその魅力を発揮する商品ですので、これからマイホーム購入を検討しているご家庭では、フラット35の利用を考えているケースも多いのではないでしょうか。

●耐震性など備えれば0.3%の金利優遇も

 ところでフラット35には、借り入れの当初5年間の融資金利を0.3%優遇してくれる「フラット35S」もあります。フラット35Sは優良住宅支援制度のことで、「省エネルギー性」「耐震性」「バリアフリー性」「耐久性」など、いずれかの基準を満たした住宅を取得する場合に、当初5年間の融資金利を優遇してくれるという制度です。0.3%の金利優遇が受けられ、例えば本来は3%の金利が2.7%に下がったとすると、借り入れ1,000万円につき、1か月1,601円、5年間で9万6,060円の節約につながります(返済期間30年の場合)。

 このフラット35Sの2007年度第1回申し込みは、4月23日からスタートしています。第1回目の募集枠は3,000億円。受付期間は7月31日までです。ただし、この金額を大幅に超えてしまうと、受付期間の途中でも、受け付けが締め切られることに注意が必要。実際に前回は、募集期間の途中で募集枠を超えてしまい、申し込みが受付期間の途中に締め切られてしまいました。10月1日からは、2007年度第2回目の申し込みがスタートする予定ですが、第2回目のほうが募集枠は少なくなる予定です。

 フラット35Sが利用できる「物件の条件」は、築年数がかなり古い物件を除けば、厳しいものではありません。そのためフラット35を利用しようと思っている人は、取得しようと考えている物件がフラット35Sの条件に合うかを確認するとともに、募集枠を超えないうちに申し込みをすることをおすすめします。

(読売新聞より引用)

モーゲージバンクの基礎知識:長期固定・低金利の住宅ローン

posted by 住宅ローンと金利 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンフラット35 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

東日本銀行、「住宅ローン」および「アパートローン」の特別優遇金利を実施

住宅ローンのシェアの取り合いが加熱してきますよ・・・。もうちょっと様子を見るか、思い切って踏み切るか。。。悩ましいところですね。



東日本銀行、「住宅ローン」および「アパートローン」の特別優遇金利を実施
住宅ローン」および「アパートローン」の特別優遇金利の実施について


 東日本銀行(頭取 鏡味 徳房)では、地元のお客さまの住宅ローンおよびアパートローンの資金ニーズにお応えするため、特別優遇金利を実施いたします。
 当行は今後とも地域金融機関として、地域の皆さまによりよい金融サービスを提供し、地域経済の発展に貢献してまいります。



1.金利優遇期間
 平成19年5月14日(月)から平成19年9月28日(金)まで

2.金利優遇の内容
 (1)住宅ローン 3年固定金利 1.45% (優遇幅:△1.70%、団体信用生命保険料込)
 (2)住宅ローン 10年固定金利 2.40% (優遇幅:△1.45%、団体信用生命保険料込)
 (3)アパートローン「マイウェイ」 10年固定金利 2.40% (優遇幅:△1.45%、団体信用生命保険料別)

※1 優遇幅は平成19年5月の基準金利との比較になります。
※2 金利優遇期間内でも予定額に達した時点で終了とさせて頂きます。

(日経プレスリリースより引用)

モーゲージバンクの基礎知識:長期固定・低金利の住宅ローン

posted by 住宅ローンと金利 at 00:00| Comment(9) | TrackBack(1) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

住宅価格査定ツール

住宅ローンの証券化に伴って、住宅の資産価値をいろいろな角度で評価する金利優遇制度が、あちこちで提供されています。このようなツールは、これから注目されることでしょう。



(日経プレスリリースより引用)
ニューシティコーポレーション、住宅価格査定ツール「ValueSure」の新バージョンを導入
(株)ニューシティコーポレーション
住宅価格査定ツール、“ValueSure(R)(バリューシュア)”をバージョンアップ
一般向けオンライン住宅価格査定サービスも近く開始へ

 バリューシュアは、「物件個々の特性」と「重回帰分析」を考慮に入れたヘドニック・モデルと、不動産鑑定士が査定対象の取引事例比較法を採用する際の手法、アプレイザル・エミュレーションの2手法を活用して、面積や最寄駅までの距離、築年数、過去10年以上の価格動向などの査定要素に基づいて、住宅物件の査定額を算出し、リアルタイムの資産査定を行います。オンライン上で、いつでも、どこからでも住所や面積などの必要データを入力するだけで、物件価格を上限、下限で査定し、近隣の取引事例、および近隣の不動産価格動向などを含む簡潔なレポートを瞬時に作成します。

 今回のバージョンアップにより新たに、「プレミアム」、「プロフェッショナル」、「スタンダード」の3つのレポートタイプを設定し、住宅ローンの融資手続き、物件の管理、債権回収、ポートフォリオの検証やリスク管理等のニーズに応じてご利用頂けるようになりました。またこれに伴い、最大3,000物件までの価格査定を最短2日間で可能にする一括処理サービスも開始いたします。ニューシティコーポレーションでは今回のバージョンアップを契機に、投資銀行、不動産開発会社、不動産販売会社、資産運用会社、住宅ローン会社などにも幅広く提供する予定です。

注)バリューシュアは「不動産の鑑定評価に関する法律」の第三十九条に謳われる「鑑定評価書」ではありません。

モーゲージバンクの基礎知識:長期固定・低金利の住宅ローン

住宅ローンと金利の動向 トップへ
posted by 住宅ローンと金利 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

GE Moneyと日本住宅ワランティ、住宅ローンで業務提携

(新建ハウジングニュースより引用)
GE Moneyと日本住宅ワランティ、住宅ローンで業務提携
投稿日時: 2007-5-7 17:45:56

 GEコンシューマー・ファイナンス(GE Money)は、日本住宅ワランティと業務提携契約を締結し、「GE Moneyのすまいとローン」の販売を開始した。

 「GE Moneyの住宅ローン」の利用者に、日本住宅ワランティの建築資金出来高支払管理制度「すまいとMONEY PLAN」を紹介するもの。

 住宅ローンはGE Moneyより建築主に対して工事着工前に全額実行され、そのうち工事代金については日本住宅ワランティが住宅完成まで信託管理方式で管理し、工事の進捗状況に応じて工務店に工事代金の支払いを代行する。

 付帯する完成保証制度を利用することで、建設途中で万一工務店が倒産しても建物の完成は保証され、建築資金も完成まで保全される。

モーゲージバンクの基礎知識:長期固定・低金利の住宅ローン

住宅ローンと金利の動向 トップへ
posted by 住宅ローンと金利 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「子育てに優しい住宅」にローン金利を優遇、りそな銀行

住宅の資産価値を評価して金利を優遇する住宅ローンが増えてます。でもね〜、机上の理論のような気がして・・・。結局は、次に売るときの価格がどうなっているかなんて、わからないんですから。それにしても、最大1.4%下げるなんて、太っ腹!



(nikkeiBPnetより引用)
「子育てに優しい住宅」にローン金利を優遇、りそな銀行
2007年5月2日 10時39分

りそな銀行は、住宅販売会社の創建(大阪市)とミじゅうキハウス子育て総研(大阪府八尾市)と提携し、「子育てに優しい住宅」を対象に購入時に設定する住宅ローンの金利を優遇するサービスを始めた。該当する住宅の購入者は、通常の金利から最大で1.4%下げた利率で住宅ローンを組める。

対象は、創建が販売し、ミキハウス子育て総研の「子育てに優しい住まいと環境の評価基準」に基づく認定を受けた住宅。同基準は、「安心・安全」「母親がストレスをためない」「周辺環境」といったテーマを設けたうえで、それぞれに評価項目を設定。「リビングを通らないと子ども部屋に行けない間取りになっている」「将来的に間取りの変更が可能である」「コンセントの位置が高めになっている」といった合計90項目のうち、60項目以上を満たせば「子育てに優しい住宅」に認定する。

当面は、創建が開発している分譲地で販売する建売り住宅が対象。設計段階でミキハウス子育て総研が検査し、所定の条件を満たせば認定する。

モーゲージバンクの基礎知識:長期固定・低金利の住宅ローン

住宅ローンと金利の動向 トップへ
posted by 住宅ローンと金利 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅機構の長期固定ローン、5月平均金利が3カ月ぶり上昇

住宅ローンフラット35の金利が上がりましたね。でも慎重ですね、もうちょっと上がるかと思いましたが。。。



住宅機構の長期固定ローン、5月平均金利が3カ月ぶり上昇

 住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は民間金融機関と提携した最長35年の長期固定住宅ローン「フラット35」の5月の適用金利を発表した。取扱329機関の平均は前月を0.01%上回る3.028%となった。長期金利の上昇を受け、3カ月ぶりに上昇した。最も金利が低い金融機関では2.771%、最高は3.4%だった

モーゲージバンクの基礎知識:長期固定・低金利の住宅ローン

住宅ローンと金利の動向 トップへ
posted by 住宅ローンと金利 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

大手4行が住宅ローン金利小幅引き上げ

住宅ローンの金利が少しづつですが、あがっていきますよ。しっかりチェックしておきましょう。



大手4行が住宅ローン金利小幅引き上げ
(日刊ツポーツより引用)

 三菱東京UFJ銀行など大手4行の5月分の新規融資に適用する住宅ローン金利が27日、出そろった。市場金利が上昇傾向にあることから、各社とも固定型商品を小幅で引き上げた。

 三菱東京UFJは期間2〜20年を、0・05〜0・1%引き上げた。期間20年の住宅ローンの場合、4・6%から4・7%になる。みずほ、三井住友の引き上げ幅もほぼ同じ。りそなは10年以内の住宅ローンを引き上げたが、25〜30年の長期ローンは0・05%引き下げた。

 変動型商品は、変更時期ではないため、各社とも据え置いた。

[2007年4月27日21時43分]

住宅ローンと金利の動向 トップへ
posted by 住宅ローンと金利 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

いよいよFRBが乗り出すか

FRBがサブプライム住宅ローン債権の問題に乗り出すか・・・



米FRB、新たなサブプライム融資抑制する権限行使を=議員グループ
2007年04月24日12時54分

 [ワシントン 23日 ロイター] 米上院銀行住宅都市委員会のメンバー10人は23日、米連邦準備理事会(FRB)には新たなサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手への住宅融資)を抑制する権限がある、とする内容の書簡を送付した。書簡のなかで、FRBは略奪的は慣行をなくすために、この権限を行使するべきだ、と主張している。

 同書簡は「FRBには1994年の住宅所有に関する保護法(HOEPA)に基づき、略奪的融資に対処する規制を制定する義務があるが、われわれはこの義務が履行されていないことを懸念する」としている。

 この保護法では、FRBに対して、不公正もしくは略奪的と見なされる「住宅ローンに関連した行為または慣行を禁じるよう」求めている。

 同書簡は、住宅ローンは近年、連邦政府の銀行監督当局の縛りがないウォールストリートなどの投資家が付与する例が増えている、と指摘。そのうえで、保護法を守らせることが、FRBが悪質なサブプライム融資を直接かつ即刻に差し止めることができる1つの手段、としている。

モーゲージバンクの基礎知識:固定長期低金利の住宅ローン

posted by 住宅ローンと金利 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

米中古住宅販売、18年ぶり大幅減・3月

米国住宅販売のバブルは終わったようです。この問題がどこまでいくか・・・バブルに乗って貸すほうが悪いと思うんですけどね・・・



米中古住宅販売、18年ぶり大幅減・3月
 【ワシントン支局】米全米不動産協会(NAR)が24日発表した3月の中古住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比8.4%減の612万戸だった。前月比マイナスは4カ月ぶりで、市場予想(645万戸)を下回った。単月での減少率は1989年1月(12.6%減)以来約18年ぶりの大きさ。前年同月比では11.3%減となった。

 NARのチーフエコノミストのリレイ氏は「信用力の低い個人への住宅ローン(サブプライム)の焦げ付きが増え、金融機関が貸し出し基準を厳しくしたことが影響した」と指摘。3月中の悪天候も契約先延ばし要因になったと見ている。(01:49)

モーゲージバンクの基礎知識:固定長期低金利の住宅ローン


posted by 住宅ローンと金利 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国サブプライム住宅ローンの破綻

米国サブプライム住宅ローンが破綻しています。日本のバブル崩壊が米国でも起こるのか・・・



サブプライム住宅融資の損失、元本の6─8%に拡大も=ムーディーズ
 【ニューヨーク 23日 ロイター】 米大手格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、2006年に組まれたサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手への住宅融資)の損失の元本に対する比率が、6─8%に上昇する可能性がある、との認識を示した。20日夜に声明を発表した。
 ムーディーズは3月時点では、この比率を5.5─6%としていた。

 アナリストのチャタージー氏は「返済遅延や不履行が増加している状況から、物件差し押さえに代わり、ローン組み替えの活用が増えると思われる」と述べた。ムーディーズは「2006年に組まれた住宅ローンの遅延・不履行は過去数年よりも高水準で推移している」としている。

 住宅市場が減速し住宅価格が下落するなか、サブプライムのデフォルト率はここ数カ月で急上昇。少なくとも20の貸し手が破たんしている。

モーゲージバンクの基礎知識:固定長期低金利の住宅ローン
posted by 住宅ローンと金利 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。