スポンサードリンク

2007年12月29日

住宅ローン金利、大手4行が固定型を引き下げ


(読売新聞より引用)

 三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそなの大手4行が1月4日から適用する住宅ローン金利が28日、出そろった。

 住宅ローン金利の目安となる長期金利が下落したため、各行とも固定型の金利を引き下げる。

 三菱東京UFJは1〜5年物の金利を0・05%、みずほは5〜10年物の金利を0・05%、三井住友とりそなは2〜5年物の金利を0・05%引き下げる。

posted by 住宅ローンと金利 at 12:20| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

子育て世代向け住宅ローン対象者に多目的ローンなど優遇

住宅ローンのターゲットに、セットで優遇サービスを提供して囲い込む。こんな戦略もあるんですね。

(読売新聞より引用)

 みずほ銀行は10日から、子供を持つ住宅ローンの利用者向けに、様々な子育て応援プランを組み合わせた新サービスを開始する。子育て世代が求めるサービスを住宅ローンに付加して、新規契約の獲得や既存契約の囲い込みを狙う。

 メガバンクが住宅ローンで、金利優遇以外のサービスを導入するのは珍しいという。

 子育て応援サービスは、出産時に肌着やよだれかけのプレゼントを受けられるほか、指定託児所やベビーシッター、子供向け英会話教室を利用する際、通常より割安な料金を適用する。教育資金などに利用できる多目的ローンの金利も年0・1%優遇する。

 全国的に新規住宅着工件数が減少している影響で、住宅ローンの新規契約も減っており、各金融機関は低金利を打ち出すなど競争が激化している。みずほ銀行は30歳代の子育て世代を中心に独自サービスを提供して、差別化を図る。

posted by 住宅ローンと金利 at 12:40| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

住宅ローン借換金利優遇 埼玉縣信金

住宅ローン借換金利優遇キャンペーンですが、変動金利で勝負ですか。。。ちょっとこわいような気もしますが。

(埼玉新聞より引用)

 埼玉縣信用金庫(熊谷市、安田裕信理事長)は十二月二十九日まで住宅ローン借換金利優遇キャンペーンを展開している。

 キャンペーンの期間中に申し込み、来年三月末までに他の金融機関から借りている住宅ローンを同金庫で借り換えると、当初十年間は金利が固定している十年固定金利特約付変動金利型住宅ローンの金利が年2・2%としている。

 五年固定金利特約の金利は年2・0%、三年固定金利特約は年1・2%。十年、五年、三年の固定金利特約期間終了後、取引状況に応じて、残りの全期間店頭表示金利から最大で年1・0%金利優遇する。

 キャンペーンでは、対象者全員に浦和レッドダイヤモンズ公式マスコットのレディア貯金箱をプレゼントする。
posted by 住宅ローンと金利 at 12:55| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

住宅ローン金利、3行が据え置き・みずほは下げ

市場金利が下がってますので、住宅ローン金利も据え置き傾向。米国のサブプライム問題はまだまだ長引くと思うのですが。。。しばらく様子見?

(NIKKEI NETより引用)

 三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそなの大手銀行が11月1日から適用する住宅ローン金利が31日出そろった。三菱東京UFJ、三井住友、りそなの3行は10年以下の固定金利をすべて据え置く。みずほは2、3、5、10年物の固定金利をそれぞれ0.05%下げる。「市場金利が若干下がったことを反映した」(広報室)という。
posted by 住宅ローンと金利 at 12:44| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

10月の住宅ローン金利、変動型引き上げ・固定型は引き下げ

住宅ローンの金利が上がりきれませんね。住宅ローン市場、というより、全体的な景気的要因のせいでしょうが。

(NIKKEI NET より引用)

 三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそなの大手銀行は28日、10月の住宅ローン金利を発表した。各行は変動型住宅ローンを0.25%引き上げ、年2.875%とする。変動型住宅ローンは年2回金利を見直しており、引き上げは1年ぶり。固定型住宅ローンは各行とも一部の期間を除き引き下げる。

 変動型住宅ローンの金利は3月1日と9月1日の短期プライムレート(最優遇貸出金利)を基準に決めている。各行は3月下旬に短プラを0.25%引き上げており、今回の上げにつながった。

 固定型住宅ローンは市場金利が9月上旬から中旬にかけて下落したことを受け、多くの期間で下がった。3年物は各行とも0.05%下げ、年3.2―3.25%になる。10年物は0.05―0.1%下げ、年3.6―3.75%とする。
 
posted by 住宅ローンと金利 at 12:54| Comment(8) | TrackBack(4) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

耐震化住宅対象にローン金利を優遇 山梨中銀 来月から実施

不動産価値の有無に従って、住宅ローン金利を優遇する金融機関がかなり増えましたね。

(山梨日日新聞より引用)

 山梨中央銀行は、耐震住宅の新築・購入や自宅の耐震改修を対象に、住宅ローン金利の優遇制度を設ける。住宅耐震を対象にした金利優遇は県内に本店がある金融機関では初めて。十月一日に取り扱いを始める。住宅耐震化への関心の高まりを背景に、甲府信用金庫も同様の金利優遇措置の導入を視野に入れて検討を始めているほか、山梨信用金庫も耐震関連の優遇制度について検討する方針。
 山梨中銀によると、金利優遇は住宅耐震化の促進に貢献することが目的。対象となるのは、法定の耐震等級の「2」か「3」に当たるか、「免震建築物」の対象住宅。または地方自治体の木造住宅耐震化事業の補助金制度対象住宅。
 「自由設計型住宅ローン」と「リフォームローン」の二商品が対象。住宅ローンは変動金利型で年0・8%優遇。固定金利型(三年、五年、七年)は当初1・5%優遇後、固定金利期間終了後は店頭表示金利から年0・8%優遇する。いずれも、既存の「金利優遇プラン」の優遇幅を0・1%拡大する。
posted by 住宅ローンと金利 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

ゆうちょ銀、スルガ銀と提携へ・住宅ローン取り次ぎ

スルガ銀行、思い切りましたね!ゆうちょ銀行との住宅ローンの提携は、全国の地銀がしぶっていたところです。これで風穴が空くかも・・・

(NIKKEI NETより引用)

 10月の郵政民営化で発足するゆうちょ銀行は26日、住宅ローンの仲介・販売で地銀中堅のスルガ銀行と提携する方針を固めた。来年にもスルガ銀行住宅ローン商品の取り次ぎを始める。200兆円弱の市場がある住宅ローン事業への進出は民営化で推進する新規業務の柱になる。政府出資が残る中での住宅ローン事業には民間金融機関が反発しており、議論を呼ぶ可能性がある。

 今回取り扱うのは「勤続年数が短い」「独身女性」など民間金融機関が融資に慎重だった層を融資対象とする住宅ローン商品。利用者に身近な拠点を生かし、新たな顧客層を掘り起こす考え。貸し倒れリスクも高まるが、その分は金利に上乗せする。一般の住宅ローン金利は現在35年固定で3―4%が主流だが、この商品では6―7%の金利を設定する見通しだ。
 
posted by 住宅ローンと金利 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

大手銀4行、9月の住宅ローン金利引き下げ

米国住宅ローンの問題が、影響しましたね。日本は関係ないかな、と思ってたのですが・・・。でも、ありがたいことです。

(NIKKEI NETより引用)

 大手銀行の9月の住宅ローン金利が31日、出そろった。三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそなの4銀行は、ほぼすべての期間の固定金利を引き下げる。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の影響で市場金利が下落したことに対応した。

 市場金利はサブプライム問題が表面化した8月上旬以降、低位で推移している。10年物国債の利回りは31日現在で1.565%と、前月末比0.24%低下している。三菱東京UFJやみずほなどは、10年物のローン金利を0.25―0.35%引き下げる。

 三井住友は5年物を前月比で0.25%、10年物を0.35%引き下げる。引き下げ後の金利は今年1月以来の水準という。りそなは全期間の固定金利を引き下げる。全期間の引き下げは2006年10月以来となる。
posted by 住宅ローンと金利 at 15:02| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

住宅ローン 「資格」「子供」など金利優遇

多彩な住宅ローンが出てきてます。いろいろな条件で金利優遇を設定しています。しっかり情報を集めて選びたいものです。しかし、全体的に安くしとけばいいんじゃないの?と思うのは素人発想でしょうか。。。

(読売新聞より引用)

 金融機関が、特色ある住宅ローンを相次ぎ打ち出している。日本銀行がゼロ金利政策を解除した昨年7月以降、金利は上昇傾向にあり、住宅販売も伸び悩んでいる。貸し手同士の競争は激しさを増しており、借り手の資格や家族構成、住宅のタイプによって金利を優遇するサービスなどで顧客を囲い込もうとしている。

 ◆家族で合算も

 外資系ノンバンクのGEコンシューマー・ファイナンスが6月から取り扱いを始めた住宅ローンは、借り手が弁護士や介護福祉士など一定の資格を持っていれば、最大1・0%まで金利を優遇する。

 本人、配偶者、両親などの資格を合わせると、合算で優遇幅がさらに広がる。夫が弁護士で妻が公認会計士などの場合、10年金利固定型タイプ(年4・2〜6・0%)は、もっとも低いケースで金利が年3・2%まで下がる。

 ◆県内限定

 子育て世代にうれしいサービスもある。埼玉りそな銀行が、9月30日まで申し込みを受け付けている「埼玉県 パパ・ママ応援!!住宅ローン」は、埼玉県内で住宅を新築・購入し、中学生以下の子供がいる場合、年1%の金利優遇が受けられる。

 中央三井信託銀行が2003年4月から販売している女性専用のローン「エグゼリーナ」は、今年5月末時点で申し込みが3400件、契約総額は670億円に達した。出産から1年間は金利を年0・1%優遇するもので、借入金額2000万円だと月々1600円ほど負担が軽くなる計算だ。

 ◆競争激化

 住宅金融支援機構によると、国内銀行の住宅ローンの新規融資額は、超低金利を背景に01年ごろから増加に転じ、05年度には17兆8500億円に達した。

 ただ、今年に入って、首都圏のマンション発売戸数が1〜7月に7か月連続で前年割れとなるなど、住宅販売には停滞感も目立ってきた。地価の上昇で販売価格が上がったことが大きな理由とみられる。

 住宅ローン金利は少しずつ上昇し、みずほ銀行の場合、今年7月の住宅ローン金利は3年固定型で年3・4%と1年前より0・7%高い。日銀は追加利上げの時期を探っており、金融機関は金利の上昇傾向が住宅ローン販売にどう影響していくか注目している。
posted by 住宅ローンと金利 at 12:16| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

「200年住宅」普及へ 優遇税制など環境整備 国交省

住宅ローン金利ではありませんが。。。優遇税制のお話です。

(北海道新聞より引用)

 国土交通省は二十四日、数世代にわたって住むことのできる「二百年住宅」の普及に取り組む方針を固めた。本年度中に構造上のガイドラインを示したうえで、来年度にも超長期住宅ローン制度、優遇税制導入を含む環境整備に着手する。三十年程度で新築と解体を繰り返す消費型社会を改めるとともに、生活に重くのしかかる住宅ローン負担を軽くするのが狙い。同省は関係費用を二○○八年度予算の概算要求に盛り込むほか、税制改正も要望する。

 住宅を二百年持たせるには、柱や壁などの骨格部分に、高い耐震性と耐久性が求められる。また、使う世帯で生活スタイルが変わることを前提に、内部の間取り変更や水回り設備の更新、維持管理などが簡単にできる構造であることも必要。同省はまず、ガイドライン作成を通じて、堅ろうさとリフォームのしやすさを兼ね備えた二百年住宅の基準を作る。

 また、建設を促すための支援策も具体化させる。現段階では、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と協議し、最長三十五年の長期固定金利住宅ローンの期間を大幅に延長したり、住宅取得税などの負担を軽減する優遇税制などを検討している。

 全国的な普及には、二百年住宅の中古物件売買の活発化も欠かせない。新築時の設計内容や施工内容だけでなく、補修状況や大規模リフォーム情報を「住宅履歴情報」として蓄積し、売買に活用してもらう仕組みもつくる考えだ。

 同省によると、国内住宅の新築から解体までの平均期間は約三十年で、米国の五十五年、英国の七十七年などに比べて短い。
posted by 住宅ローンと金利 at 12:24| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

住宅ローン、素朴な疑問

ここのサイトは住宅ローンをお考えの方には参考になりますよ。↓

(日経住宅リサーチより引用)

 住宅ローンを利用する場合、さまざまな制約がある。それを大きく分けると、取得する住宅に対する制約と、人に対する制約とになる。

 住宅に対する制約あるいは条件は、基本的には建築基準法に適合することだが、住宅ローン「フラット35」においては、床面積の下限や建設費または購入価額の上限、さらに住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合することなどが設定されている。

 今回は、利用後の返済の仕方にまで影響が及んでくる、住宅ローンの人に対する制約・条件についてチェックすることにしよう。


〔Q1〕住宅ローンを利用する人に対してどんな条件があるの?

 さまざまな住宅ローンの内容をチェックすると、必ず設定されているのが、年齢と収入にかかわる条件。

 まず年齢条件。たとえば、住宅ローン「フラット35」では、申込時の年齢が70歳未満で、完済時の年齢が80歳まで、となっている。一般の民間住宅ローンの場合も、金融機関や商品の違いによって年齢の上限に差はあるが、年齢に対する条件が設定されている。

 収入条件の方は、“安定した収入”を基本にしており、具体的には、毎月返済額の4倍以上の月収があることや、年収に占める年間合計返済額の割合(総返済負担率)などを定めている。

 収入とも関連する事柄で、勤続年数などを条件にしているケースや、団体信用生命保険に加入できることを条件の一つにしているところもある。

 いずれにしても、利用できる人の条件は、年齢と収入、それに健康がベースになっている。

続きはこちら↓

知る・学ぶ 住宅ローンの成功術
 
posted by 住宅ローンと金利 at 00:00| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

積水ハウス「キッズでざいん」住宅購入者対象に住宅ローンの金利優遇

子供仕様の家に、優遇金利を設定する住宅ローンが増えてきましたね。

(住宅ニュース)

 りそな銀行と埼玉りそな銀行は、積水ハウスが販売する「キッズでざいん」のコンセプト・仕様を採用した住宅を購入した人向けに、住宅ローンの「金利優遇サービス」を9月10日より開始する。

 優遇内容は、金利型に応じて店頭表示金利から、年1.2%から1.4%を優遇するというもの。優遇条件は、借入全期間で適用する。

  「キッズでざいん」とは、積水ハウスが実施する「子育ち」・「子育て」それぞれの視点から、「家族のつながり」・「知を育む」・「家事を楽しむ」・「健やかに育てる」という4つのテーマに沿った空間設計・アイテムの提案。子供の成長に重点を置いた住環境を実現する住まいづくりを提案する。

posted by 住宅ローンと金利 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

住宅ローン融資、自動審査で 岩銀が試行

キャッシングも、今は来店不要。住宅ローンも十分可能であるとは思います。それに、住宅という担保がありますから。

(岩手日報より引用)

 岩手銀行は20日、住宅ローンの自動審査システムの試行を始めた。試行店はイオン盛岡、菜園、泉中央の県内外のローンプラザ3店。9月10日からは全店で稼働する。システム導入により、最短で申し込み当日の融資可否の回答が可能になる。

 20日は盛岡市の同行本店で運用開始のセレモニーを行った。自動審査システムは過去に取り扱った住宅ローンの顧客の職業、勤続年数、年収などの属性情報や返済状況を統計的に分析して申込者を7ランクに分け、適用保証料と融資可能額を自動判定する。保証付き住宅ローンが対象で、同行が取り扱う大半の住宅ローンに適用される。

 従来は各営業店が申し込み受け付け後に本部ローンセンターが内容を審査し、保証会社が個別に融資の可否などを判断していた。同行は新システム導入で審査・可否の迅速化を図り、顧客サービスを強化する。

 同行はシステム導入に合わせ融資限度額を5000万円から1億円に倍増。ランクごとの収益を精査することで、これまで融資が困難だった利用者にも住宅ローンの利用機会を広げたい考えだ。
posted by 住宅ローンと金利 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

なぜ住宅ローンの金利はほかのローンに比べて低いの?


(日経住宅リサーチより引用)

 住宅ローンが個人向けローンの中で最も低い金利に設定されている。なぜ金利が低いのか、それは有担保型のローンになっているのが大きな理由。有担保型ローンというのは担保を必要とするローンのこと。

 その担保の意味を辞書で調べると、“債務不履行に備えて、債権の弁済を確保する手段となるもの”と記されている。平たくいえば、借金の形(かた)。借りた物の代わりに預ける物、ということになり、昔からの庶民金融でいえば、質屋に預ける質草(しちぐさ)のことである(※)。

 住宅ローンにおける質草は、ローン資金によって取得した物件になる。別の言い方をすれば、貸す側の金融機関が、借りた側の取得した物件に対して、抵当権を設定するということである。

 借りたお金を返さなければ、貸した側は抵当権を行使し、借金の形を最終的には競売に掛けることになる。質草の例でいえば、質流れ、質流れ品バーゲンというわけだ。

 有担保型の住宅ローンを利用して取得した住宅に対しては、金融機関から抵当権という網がかぶせられた状態になる。金融機関の方では網をかぶせる代わりに、金利を低く設定する。逆に、ローン利用者にとっては、金利が低く設定されたことによって、返済しやすい状況がつくられる。

 金利の高いローンほど危険度の高い商品だともいえる。逆にいえば、リスクの高いローンほど金利を高く設定しておかなければ金融機関にとっては収益性が見込めない、ということである。


 多額な資金が借りられ、長期にわたって低い金利で返済できる住宅ローン。しかし、その返済に窮することも時として起こり得る。仮にそうなったとしても、高金利カードローンや消費者金融に手を付けたりすると、住宅ローン低金利メリットも台無しになる。


posted by 住宅ローンと金利 at 09:40| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

富山第一銀の住宅ローン金利優遇に衝撃広がる

これはすごい!住宅ローンの金利をここまで安く設定するとは。これは衝撃です!!!富山の人、うらやましー

(日経ネットより引用)

 北陸地区の金融機関に、富山第一銀行が4月から始めた住宅ローン金利優遇キャンペーンの衝撃が広がっている。10年間の固定で年利1.88%。全国的に見ても最低水準だ。住宅ローン拡大と顧客基盤を強化するのが狙いで、融資実績も急伸。他行も実際に貸し出す際、設定よりさらに金利引き下げを余儀なくされるケースが出ている。ただ、金利先高観が漂う中「消耗戦」になりかねず、同行の動きに警戒感を強めている。

 「驚きとしか言いようがない……」。富山第一銀行が4月半ばに始めた低金利キャンペーン。富山市内の銀行の支店長は競争の厳しさにため息を漏らす。1年前に3.4%だった10年固定の最優遇金利に比べ、キャンペーン金利は1.5%余り低い。従来はライバル行に比べ高かった金利水準を見直し、一転して攻勢に転じている。

 あえて低水準の金利を設定し、打って出た狙いは新規客を獲得し、リテール(小口金融)を強化することにある。いったん融資で関係を築き、そのつながりを保とうとする試みだ。

posted by 住宅ローンと金利 at 20:24| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

子育て中は返済額下げます 住宅ローンで関西アーバン銀

(あさひ.コムより引用)

 関西アーバン銀行は9月から、子育て中の家庭向けに、住宅ローンの返済額を一定期間、下げることができるサービスを始める。養育費など出費に合わせて返済プランを作りたいという顧客ニーズにこたえることで、住宅ローンの利用者を増やしたい考えだ。

 返済期間が10〜35年の変動金利型住宅ローンを借りていて、小学生以下の子どもがいる顧客が対象。就学や習い事、育児に伴う休職など、子育て時は家計も厳しくなる。この時期に、返済額を抑えることで、やりくりしやすくしてもらう。減らした分は、他の時期の返済に上乗せする。

 1回の有効期間は3年以内で、小学生以下の子どもがいる限り2回まで利用可能。下げ幅は顧客の事情により異なる。契約で決めた返済期限は変えられず、返し終わるまでの年収に占める返済額の割合(返済比率)は35%を超えないように調整する。

posted by 住宅ローンと金利 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

住宅ローンが堅調 −JA貯金・貸出金残高速報

(農政ニュースより引用)

 農林中央金庫は7月30日に6月末現在の全国JA貯金・貸出金残高速報を公表した。
 JA貯金の残高は81兆5707億円。前年同月比で1兆6868億円増加し伸び率は2.1%となった。6月は年金資金の流入などで1兆1446億円増加した。
 一方、JA貸出金は残高21兆4464億円で前年同月比で4797億円増加した。伸び率は2.3%だった。
 6月は農業資金や地方公共団体向け貸し出しが減少したが、住宅ローンが依然堅調で、全体で117億円増加した。
posted by 住宅ローンと金利 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

大田原信金が1日から子育て支援住宅ローン

この住宅ローンは面白いですね。返済中に子供の数が増えても優遇金利が適用されるんですって。

(下野新聞より引用)

 大田原信用金庫(村田稔理事長)は、一日から新商品として「子育て支援住宅ローン」の取り扱いを開始する。子どもの数に応じて最大0・3%まで金利が優遇される。子どもがいない場合にも、返済期間中に子どもが生まれた場合は優遇が適応される。同信金は「こうした子どもの数に特化して住宅ローンを優遇する商品は、県内では初めて」と話している。
 同ローンは、県のとちぎ未来クラブ(仮称)が打ち出した「とちぎ子育て家庭応援事業」の趣旨に賛同し、同信金が地域貢献活動の一つとして開始する。

posted by 住宅ローンと金利 at 17:14| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

8月の住宅ローン、みずほ5年以上を引き下げ

8月の銀行の住宅ローン金利が出揃いましたね。
フラット35の全国の金融機関金利一覧表は、こちらから閲覧できます。

(SankeiWebより引用)

 8月の住宅ローン新規融資に適用する、三菱東京UFJ銀行など大手4行の金利が31日、出そろった。長期金利は日銀の早期利上げ観測を織り込んで上昇傾向にあるが、7月は米国の景気動向への懸念から低下する局面もあった。こうした市中金利の状況などを反映して、みずほ銀行が住宅ローン金利を期間5年以上で引き下げる一方、残りの3行は一部期間で住宅ローン金利を利上げするなど対応が分かれた。

 三菱東京UFJは住宅ローン金利を期間1〜2年と15〜20年で0.05%引き上げる。三井住友銀行は2年と10年超15年以内を0.05%引き上げ、15年超20年以内を0.05%、20年超35年以内を0.03%引き下げる。みずほは5年以上を0.05〜0.1%引き下げる。りそな銀行は2年を0.05%引き上げ、そのほかの期間は据え置く。

posted by 住宅ローンと金利 at 17:07| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

金利上昇傾向 住宅ローンに注意

さあ、いよいよ金利上昇か?選挙のあとかも。

(NikkeiBPより引用)

 動金利の住宅ローンを組んでいる場合は、住宅ローン金利が上昇するので要注意だ。他方で、金利の上昇がはっきりして来ると、「今のうちにローンを組んで、住宅を買いましょう」というセールスが積極化する。金利の上昇は不動産価格にとってマイナス要因なので、この種のセールスに、簡単に乗せられないことも大切だ。

 長期金利が上昇するには、景気が良くなければならないわけだし、経験則的には、金利が上昇し始めて、すぐに株価や地価が下落に転ずるわけではない。しかし金利の上昇が資産価格に悪影響を与える可能性については、絶えず注意を払っておきたい。

posted by 住宅ローンと金利 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。