スポンサードリンク

2007年08月06日

富山第一銀の住宅ローン金利優遇に衝撃広がる

これはすごい!住宅ローンの金利をここまで安く設定するとは。これは衝撃です!!!富山の人、うらやましー

(日経ネットより引用)

 北陸地区の金融機関に、富山第一銀行が4月から始めた住宅ローン金利優遇キャンペーンの衝撃が広がっている。10年間の固定で年利1.88%。全国的に見ても最低水準だ。住宅ローン拡大と顧客基盤を強化するのが狙いで、融資実績も急伸。他行も実際に貸し出す際、設定よりさらに金利引き下げを余儀なくされるケースが出ている。ただ、金利先高観が漂う中「消耗戦」になりかねず、同行の動きに警戒感を強めている。

 「驚きとしか言いようがない……」。富山第一銀行が4月半ばに始めた低金利キャンペーン。富山市内の銀行の支店長は競争の厳しさにため息を漏らす。1年前に3.4%だった10年固定の最優遇金利に比べ、キャンペーン金利は1.5%余り低い。従来はライバル行に比べ高かった金利水準を見直し、一転して攻勢に転じている。

 あえて低水準の金利を設定し、打って出た狙いは新規客を獲得し、リテール(小口金融)を強化することにある。いったん融資で関係を築き、そのつながりを保とうとする試みだ。

posted by 住宅ローンと金利 at 20:24| 住宅ローンと金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。